フランスのメディアから フランス語応用編

フランスで、複数の男女関係を容認するポリアムール(polyamour)の流れ

更新日:

Sponsored




yahoo!フランス版はニュースのネタの種類も豊富でとてもいい教材になります。筆者もちょくちょくサイトを眺めています。yahoo!フランス版にこんな記事がありました。

Pourriez-vous être polyamoureux ? (記事はこちら)

あなたはポリアムール(polyamour、英:polyamory)(の形容詞形)になれますか?

ポリアムール(polyamour)とは?

"polyamoureux"は"polyamour"の形容詞複数形ということですが、ではこの聞きなれない単語"polyamour"とはいったい何なのでしょう。記事の冒頭の書き出し部分を引用します。

Les couples se séparent de plus en plus souvent et de plus en plus tôt, alors pour parvenir à maintenir un lien, certains couples cherchent des solutions. Le libertinage en est une mais un nouveau courant prend de plus en plus d’ampleur : le polyamour.

カップルが別れに至るケースはどんどん増えており、しかも以前より早くなった。一部のカップルは絆を維持するための解決策を見出そうとしている。自由放蕩(libertinage)な関係は一つの解決策だが、polyamourという新たな流れが徐々に拡大している。

男女関係に関することであることがなんとなく見えてきますね。英語の"polyamory"を知っていればまさにそのことなのですが、この"polyamory"ですら認知度はかなり低そうです。しかし、poly + amour であることを考えれば多重的な男女関係であることは想像できます。まさにそういった関係を言うのだそうです。こんな時はWikipédiaを使って調べるのがいいでしょう。このWikipédiaは仏仏辞典としても使えるのでとても便利で重宝します。現代の時事ネタやネット記事を読む場合、仏和辞典ではカバーできない言葉がよく出てきます。フランス語の意味をフランス語で調べるのが大事なことになってきます。

Polyamour (Wikipédiaリンク)

Wikipédiaの説明のDéfinitionを読めば意味を理解できます。

Le polyamour se définit comme « l’orientation relationnelle présumant qu'il est possible [et acceptable] d'aimer plusieurs personnes et de maintenir plusieurs relations amoureuses et sexuelles à la fois, avec le consentement des partenaires impliqués, […] et qu'il est souhaitable d'être ouvert et honnête à leur propos ».

つまり"polyamour"とは関係するパートナーの合意のもと、同時に複数の人との愛情関係や男女関係を維持すること(maintenir plusieurs relations amoureuses et sexuelles à la fois)、となります。記事の内容やWikipédiaの説明から放蕩(libertinage)とは意味が違うことがわかります。フランスやその他欧州国での男女関係の考え方というのはかなり斬新(と表現していいかどうかは別として)で、なかなか日本人にとって容易に受け入れられるものではなさそうです。フランスでは結婚観も日本人のそれとは大きく異なるようで、フランス人にとっては結婚しているかどうかは全く重要ではないのだそうです。日本においては事実婚の状態をずっと続けるケースはかなりレアケースであるのは間違いありません。話は違いますが売春についても欧州には合法である国が多数存在します。これもまあ男女関係の一つですから、この点でも日本と比べれば大胆に取り組んでいると言えます。

関連する語に"polygamie", "polygynie", "polygynandrie"というものがありますが、これらはどちらかと言えば古典的で制度的ななものであり、ある国や部族においては以前から存在するものです。よってこの"polyamour"という概念とはまるで違います。この"polyamour"という概念、大胆というか斬新というかなかなかうまく表現し辛いですが、なんとも発想が柔軟で解決のためには大胆な方向転換も辞さないというフランス人気質がよく現れていると思います。法的に結婚関係にあるパートナー(partenaire légitime)があったとしてもお互い合意のもとであれば他の人と性的関係も持つ、ということになります。日本ではまずあり得ない関係ですね。それを認められる人がどれだけいるか、まずいないと思います。この"polyamour"という関係を本当に先入観・固定観念を排除して考えてみたらどうなるのでしょう。一概には言えませんがこういった問題は純粋にその人個人の問題であり考え方次第です。関係者含めて本人たちが合意しているのが前提なのですから、いわゆる日本における不倫・不貞関係とはまるで違います。取り入れられるかどうかは別として案外合理的な考え方なのかもしれません。そもそも男女関係の在り方についてはフランスではかなり多様であり、同棲(いわゆる事実婚)カップルもそこら中におり、立派に子供を育てていたりします。さらにPACS(Pacte Civil de Solidarité、民事連帯契約と訳すらしい)という制度もあったりして、同棲と法的な婚姻関係との中間のような位置づけが認められていたりもします。

しかしこの記事、現代フランス人の考え方を垣間見れる興味深い記事でした。記事には色々なことが書いてありますので興味があればぜひ読んでみてください。今のフランスを知ることができますよ。

参考サイト:polyamour.info

日本語でポリアモリーについて知るには

このpolyamourという言葉、日本語でも一応英語のカタカナ表現のポリアモリーという言葉(カタカナ語なので日本語とは言えませんが)で紹介されています。一橋大学社会人類学研究室の深海菊絵さんがこのポリアモリーというテーマに関して積極的に情報を発信しています。自身の研究テーマでもあるようです。( 深海菊絵さんのインタビュー記事はこちら

深海 菊絵

ただし深海菊絵さんの研究拠点は米国のようです。このテーマに関する著書もあります。もちろん日本語で書かれていますので深海菊絵さんの目を通したポリアモリーを理解するのには最適です。

デボラ・アナポールという米国でのポリアモリー活動の第一人者の著作(訳:堀千恵子)である「ポリアモリ― 恋愛革命」という書籍もあります。デボラ・アナポールさんはポリアモリーのセンターを立ち上げたり、ポリアモリー専門誌『Loving More』を創刊したり、全米各地でのワークショップやセミナーを開催したりなど、アクティブな活動を続けているようです。少々古い出版なので現在では中古書籍でしか入手できないよですが、読む価値はあります。

記事全文

yahoo記事なのでそのうち消える可能性大なので全文を掲載しておきましょう。

Les couples se séparent de plus en plus souvent et de plus en plus tôt, alors pour parvenir à maintenir un lien, certains couples cherchent des solutions. Le libertinage en est une mais un nouveau courant prend de plus en plus d’ampleur : le polyamour.

Ce qu’on pourrait appeler une philosophie amoureuse n’a rien à voir avec le libertinage. Car si dans l’échangisme, les couples décident ensemble d’avoir des relations avec d’autres, dans le polyamour, c’est une initiative individuelle. En d’autres termes, chacun de son côté s’autorise à avoir des rapports sexuels avec d’autres personnes et même s’autorise à avoir des sentiments pour quelqu’un d’autre que son partenaire légitime.

Pour l’instant, le nombre de gens qui se déclarent polyamoureux est assez faible, bien inférieur au nombre de libertins. Est-ce un mouvement qui peut vraiment prendre de l’ampleur ? Pas si sûre.

Mais comment savoir si on peut devenir polyamoureux ?

Le premier obstacle est sans nul doute soi-même. Jusqu’à présent, la notion d’exclusivité sexuelle l’emporte et reste de loin la norme. Or, ce n’est jamais simple de sortir des sentiers battus, d’autant qu’il y a assez peu d’informations sur ce sujet.

La jalousie fait partie de notre nature. Si elle peut devenir un aphrodisiaque lors d’ébats libertins, elle peut en revanche devenir un poison quand les relations sexuelles se passent dans un contexte indéfini. Savoir que l’autre s’est envoyé en l’air et que, peut-être, il ou elle a pris plus de plaisir qu’avec nous n’est pas chose facile. Quoiqu’on en pense, nous avons tous au fond de nous un désir impossible : être le préféré, l’unique de notre partenaire…

Pour devenir polyamoureux, il est indispensable de savoir gérer sa jalousie et les personnes en manque d’estime d’eux-mêmes ou qui placent le sexe au plus haut ne peuvent pas la gérer. Donc si vous rêvez d’une relation fusionnelle et exclusive, le polyamour n’est certainement pas pour vous. De même si vous avez du mal à faire confiance, si vous êtes de nature anxieuse, paranoïaque, ou même insécure, inutile de l’envisager.

En revanche si vous avez déjà fait un vrai travail sur vous et que vous êtes apte à ne pas être l’unique pour votre amoureux, peut-être que vous pourriez envisager ce mode de relation.

Je dis bien peut-être parce qu’au fond, je ne crois pas vraiment que le polyamour soit une réelle solution. J’ai constaté que souvent, ceux qui se disent polyamoureux, ont instauré des règles. Or, cela prouve bien qu’ils ont besoin de garde-fous.

D’autres préconisent une transparence mais, entendre les exploits de son ou sa partenaire peut aussi révéler des blessures profondes et faire souffrir inutilement. Bref, vous l’avez compris, je crois plutôt que le polyamour est une tentative de sauver le couple dans une sorte d’idéalisme un peu infantile. Je crois qu’il faudrait plutôt aider les couples à surmonter l’adultère quand ce dernier survient et  est découvert.

Si l’aventure du polyamour vous tente, voilà quelques pistes.

  • Les amours plurielles de Françoise SIMPERE, la première à avoir évoqué le polyamour
  • Fragments d’un discours polyamoureux aux éditions Michalon de Magali CROSET-CALISTO sexologue
  • Lutinelefilm.com une comédie document sur le polyamour

Brigitte Lahai

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランスのメディアから, フランス語応用編

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.