フランス雑学

ケベックでの体験

更新日:

Sponsored




筆者がなぜフランス語を習得したいと思うに至ったか、それはカナダでのエピソードが大きく影響しています。カナダのケベック州を旅した時の体験からフランス語に対して異様なまでに好印象を持ってしまったのです。フランス語を話す人は皆とてもいい人たちに違いない、そのように思い込むこととなったのです。後にこれは大いなる誤解であったことが判明しましたが。

フランスの海外県・海外領土ではない、独立国としてのフランス語圏の筆頭格の一つは何といってもカナダでしょう。カナダでは英語とフランス語が公用語となっています。ただし、ケベック州を除いては概ね英語圏でケベック州のみがフランス語が中心の州となります。実際ケベック州の公用語はフランス語のみです。英語でもフランス語でも州名はQuébecと綴ります。ケベック州の住人をquébécois(男性), québécoise(女性)といいます。また、ケベック州独特のフランス語の用法をQuébécismesと言います。1500年~1600年あたりにフランスからの入植が進み、入植植民地となりました。ケベックはカナダの一つの州ですが土地は広大で一つの州で日本国土の4倍の面積を占めています。面積は広大ですが人口はモントリオール都市圏に集中しており、人が居住していない地域がほとんどです。ケベック州の観光の中心はモントリオールとケベックシティーです。ケベック州はカナダの州の中では特殊な位置にあります。フランス系住人が大半ということでかつて独立運動が盛んになったりしたこともあります。州の公用語は前述のとおりフランス語のみです。住人自身が英語圏の人達とは一線を画しているようにも見えます。ケベックユニークなyahooサイトもあります。

筆者が学生のころに一カ月間かけてカナダを横断するバッグパック旅行をしました。なぜカナダ?について明確な理由はなく、友人からの誘いに軽い気持ちで乗ったという程度のものでした。日本からニューヨークへ飛び、ニューヨークで数日過ごした後モントリオールに入り、そこからバンクーバーを目指して移動する、というあって無きがごときのプランでした。本当のところは行き当たりばったりと言っていいくらいの無計画旅でした。宿も事前予約など無しの現地調達で、学生時代だったので極力お金をかけずにということでユースなどを中心に宿泊し、時に自炊などをしながらニューヨークからバンクーバーまで横断しました。ニューヨークから最初にカナダに入った都市がモントリオールでした。カナダは英語圏という先入観がありましたので英語のみで大丈夫なはず(と言っても当時の筆者の英語レベルは悲惨なものでしたが)と思いきや、モントリオールでは英語とフランス語が半々くらいの印象でした。街の中心に言語の境界線があり、ここから東はフランス語、西は英語という風に言語圏が分かれてるんだと教えられ、実際そうなっていることを知り、意味もなく関心していたと記憶しています。ニューヨークで何日か過ごした後に到着したモントリオールはとてものんびりしているように見えました。小奇麗な街で人の密度も薄く、かつどこへ行っても人々が愛想良い、そういう印象でした。ニューヨークとのギャップがかなり大きかったのです。ニューヨークはごちゃごちゃした街でエネルギッシュ、まあそれはそれで面白いですがモントリオールとはまるで印象が違います。ケベック州にいるとなんか自然にいろんなところで会話が発生するんですよね。ここがニューヨークとの大きな違いです。ニューヨーカーだって決して無愛想ではないですよ。しかしケベック州では例えばレストランに入るとお店の人が気軽に色々話しかけてきます。ついついいろいろと会話しちゃうんです。一言二言というレベルではなく、けっこうしっかり会話になってしまうのです。これはちょっとしたカルチャーショックでした。日本でもアメリカでも出会ったことがない状況が普通に発生していしまいます。日本でそんな状況が考えられますか?もちろんたまにはあるでしょうけど日常の光景ではないですよね。しかも店員さんがきれいな女性だったりします。目をつぶって想像してみてください。きれいな女性がとてもフレンドリーに話しかけてくる、誰だってウキウキしますよね。これがそこら中で起こるんですよ。

そしてこの傾向はケベックシティー(Ville de Québec)でもっと強いものとなりました。何日かのモントリオール滞在中にケベックシティーに行こうという話になりました。手軽で経済的な移動手段はバスでした。モントリオールとケベックシティーはそんなに離れているわけでもなく(と言っても300㎞弱くらいはあったかと)、セントローレンス川に沿ってメープル街道を3時間ほどひた走れば着いてしまう距離です。急に思い立ったので朝モントリオールを発って夜帰るという日帰りとなりました。雨がしとしと降っている日で、夏でしたが少々肌寒いくらいでした。ケベックシティーはモントリオールよりかなり小規模な都市です。セントローセンス川の川幅がググッと広くなる起点に位置しています。その先のセントローセンス川はまるで海のような広大な川幅となります。ケベックシティーには旧市街という古い町並みのエリアが存在します。旧市街は城壁に囲まれており、歴史を感じさせる美しい街並みとなっています。ケベックシティーは北米の街とは思えないような欧州の香り漂う街でしす。やはり移民出身国のフランスの影響なのでしょう。

バス旅を終えてまず向かった先は旧市街(オールドシティー)でした。旧市街をのんびり見て回った後昼食のためにレストランに入りました。そこにいた女性店員さんがとんでもなくかわいい人、というより超美人で、うぶな学生だった筆者はハッとしてしまいました。しかもとても愛想がよく、ケベック州の人々の例にもれず親しげに話しかけてくるのです。色々会話することとなりました。その時写真も撮りました。今でもその写真は持っています。そのお店のオーナーらしき男性も実にフレンドリーで女性と一緒に会話に加わってきました。会話は英語でなされましたが、ケベック州の住人への好感度がうなぎ登りになった瞬間でした。この瞬間からフランス語の話者=とんでもなくいい人、という先入観が筆者の中に生まれました。これが後々筆者のフランス語習得の原動力となったのです。ちょっと大げさですがこのフランス語話者に対する大誤解が無かったら今日の筆者はなかったかもしれません。

フランス語を積極的に習得しようと考えるようになったのはそれから十数年経ってからのことです。なかなか学習を開始するきっかけは掴めませんでしたが、しかしフランス語をいつかは始めたいと考えつつ、その時にいつもケベック州での経験が頭に浮かんできたのは事実です。こんなちょっとした体験がその後の行動の大きな原動力となるんですね。我ながら驚きです。

この時に始まったフランス語話者に対して抱いた異様な好感度は、のちにパリを訪れた際に無残に打ち砕かれました。これについてはこちらの記事ですでにお話しました。興味があれば読んでみてください。

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランス雑学
-, ,

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.