フランスのメディアから フランス語応用編

毎日同じ時事ネタでフランス語の時事用語を習得する(仏検1級)

更新日:

Sponsored




ご覧いただきありがとうございます。このブログ全体の構成やこのブログが何をテーマとしているかについてはこちらをご覧ください。

本題

フランス語のレベルが上がってきても、やっぱり語彙の問題は常に付きまといます。いくら学習を頑張っても現実には知らない単語や知らない表現だらけです。これはフランス語圏に住んだことがある、あるいは現在住んでいる人にとっても同じでしょう。フランス語の記事を読んでも、フランス語のサイトに行っても、フランス語のテレビを見ても、知らないことわからないことだらけです。語彙の問題は永遠に付き合っていかなければならない問題です。こればかりは地道に増やしていくしかありません。

一つの方法をご紹介しましょう。ある程度のレベル(仏検で言えばニ級、準一級あたり)にたどり着いていることが前提となります。

新聞系、Yahooなどポータル系、ニュース配信系記事で、現在世間で話題のテーマについて一つ選び、その話題の記事を毎日読む。例えば今ならトランプ米大統領をネタにした記事。

そのメリットは

  1. 自分もその話題に興味を持つことができる
  2. みな知っている話題なので理解しやすい
  3. みな興味がある話題なので毎日類似の記事が配信される。このため、類似の単語に毎日接することができる。
  4. その結果、語彙、表現などが自然と頭に焼き付く

ということになります。

話題の時事ネタのテーマを決めて毎日メディアから拾って読む方法です。現代はネット時代ですからフランス語のメディアも実に多様でいつでもどこでも、しかもタダで見ることができます。フランスのニュース配信大手のLe Monde, Le Figaro, Liberation, Le Parisienなど、皆ネットでニュースを配信しています。題材も豊富です。これらを有効活用しましょう。もうお金を出しておもしろくもないネタ満載のフランス語教材を買う必要はありません。お金がもったいないです。実用フランス語技能検定(仏検)の一級ともなると時事用語に関する知識もかなり要求されます。この方法は仏検一級対策にも有効です。

自分もその話題に興味を持つことができる

そもそも毎日記事になるような出来事なのですから、ニュースとしても興味が湧きますよね。ここがまず大事なポイントです。そうすることで「やらされている勉強」から積極的に情報を取りに行く姿勢に変わるのです。これは実生活では自然に誰でもやることであり、フランスでの実生活のシミュレーションとなります。こういうニュース配信・新聞系のサイトを毎日閲覧すれば、今のフランスの出来事に精通できますし、語彙の面でも実に有益です。ああ、あれってこう表現するんだ、と思う事しばしばですのでしっかり脳に焼き付いて離れなくなります。

みな知っている話題なので理解しやすい

ある出来事の背景を全く何も知らなければ記事を読んでもなかなか頭に意味が入ってきません。しかしトランプ関連記事ならば比較的理解しやすいはずです。なぜならトランプの事はみなよく知っているでしょうし、どんな発言をしているか、どんな政策をトランプは実行したいと思っているか、などについてそこそこの前提知識があります。日本語でも多くニュースが配信されています。テレビでもその話題のニュースを常に目にすることになります。こうして自然とその話題の背景についての前提知識が出来上がっているのです。背景を知らずに外国語のニュースを読むのはなかなか至難の業です。それは母国語であっても難しい話なので、外国語ならなおさらです。

みな興味がある話題なので毎日類似の記事が配信される。このため、類似の単語に毎日接することができる

そして、もう一つ大事なことは、ほぼ毎日繰り返し類似のテーマでニュースが配信されることです。このため、昨日読んだニュースで覚えた単語が繰り返される可能性が大なのです。このことが重要で、これで単語が脳に焼き付いて行きます。単語帳に丁寧に書かなくても覚えてしまうことができるのです。ニュース系に出てくる単語はかなり特殊で一般的にはそんなに頻繁に登場するような単語ではないことがほとんどです。しかし、毎日同じテーマで記事が配信されるので、特殊用語でも頻繁に目にすることになるのです。ある程度そのテーマについてすんなり読むことができるようになったらまた次のテーマを探してください。今ですとフランス大統領選挙の話題も豊富です。テロなど大きな事件があればその記事がたくさん配信されます。

毎日読むことで、語彙、表現などが自然と頭に焼き付く

このパターンを使うときには単語などをいちいち調べて単語帳に書くというのはしない方がいいです。なるべく多くのフランス語を短時間で読む訓練にもなります。もちろん大事な単語や表現について自分の単語帳に書き留めることは悪い事ではありません。しかし、それをすることで読むスピードが必然的に遅くなってしまい、量をこなすことができません。単語を一度辞書で引いて理解したらさっさと読み進める、という方法をおススメします。

実例として米大統領とランプの話題

例えば、今だと米大統領のトランプの話題をどこの国のメディアも盛んに流していますので、トランプを取り巻く状況はだいたい理解できているはずです。そしてトランプ関連の記事をフランス語で読んでみるのです。例えば2017年2月25日のLe Mondeにもしっかりとランプの記事があります。

Trump rêve de manipuler (aussi) les statistiques

La Maison Blanche projette de modifier le calcul du déficit commercial américain… afin que celui-ci paraisse plus gros. Et pour mieux convaincre les élus de la nécessité de son projet protectionniste.

タイトルは「トランプは統計情報を(も)操作することを望む」と来ました。穏やかではないですね。トランプが過激な発言をすることは誰でも知っています。これが背景知識となり、これもその一つなんだなと想像できます。フランス語文章の順で意味を記述してみましょう。「ホワイトハウスが貿易赤字算出額を書き換えることを企んでいる。もっと多いと見せかけるために。」。ますますトランプがやりそうな話になってきました。「保護主義計画の必要性を議員たちに説得するために。」。なるほど、いつものトランプ劇場か、と理解できます。こういう感じで記事を読み進めます。どうですか?すんなり頭に入りやすいですよね。

このブログは日本にいながらフランスで暮らすようにフランス語を学習する、をテーマにしています。今後もフランス語習得に役立つ情報を発信していきたいと思います。

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランスのメディアから, フランス語応用編

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.