フランス語中級編

通勤時間でフランス語学習はかなり有効

更新日:

Sponsored




語学は一朝一夕では習得できません。長い時間を積み上げてやっと習得できるものなのです。たった一年である言語を駆使できるようになるなんてあり得ません。どんな環境の学習者にとっても時間の有効活用が語学学習のポイントになります。

限られた時間を有効活用

語学学習という観点では恵まれない環境にいる我々日本人が、日本に居住し、かつ仕事を持ちながらフランス語を学習するなら、時間を有効活用することが必須となります。私たちの周りにはフランス語は溢れていません。誰もフランス語を喋りません。私たちはフランス語学習環境弱者なのです。それならば意地でも勉強時間を作るしかないのです。私たちは月~金(職業に因りますが、一般的なものとして)の9時~18時くらいを職場で過ごし、その前後に通勤の時間があります。寝る時間、食事の時間なども必要です。残りの時間が他の事に使える時間となります。この限られた時間の中で、語学習得に必要な長い時間をどのように捻出するかがカギとなります。

人によって通勤時間や通勤手段は異なるでしょうが、東京近郊・大阪近郊などでもし通勤で電車やバスを使っているのなら、これをフランス語の学習に利用しない手はありません。いや、他の言語でもいいですし語学以外でも何でもいいのです。もし不幸にも通勤時間が長かったとしたら、例えば片道1.5時間もかかるとしたら、その時間どのように使いますか?ここを有効に使うかで先々かなりの差がでてきます。電車内ではじっとしているしかありません。歩き回ったりすることは普通はできません。ゲームをして過ごす、それはそれでいいストレス解消です。Instagramに投稿したり、LINEやFacebookのやり取りをして過ごす、それもまたよし。どのように使うかは人それぞれですし自由です。でもそれではちょっと勿体ないですよね。

筆者が感じる電車内の時間の過ごし方ランキング上位です。統計的なランキングではなく、あくまで筆者の肌感覚ランキングです。

  1. スマホ利用
    1. LINE, facebook, instagramなどのSNS
    2. ゲーム
    3. 情報収集(ニュースなど)、ネットショッピング
  2. 寝る
  3. 本を読む
  4. イヤホン・ヘッドフォンで音楽を聴く
  5. 仕事をする。仕事上の書類を読む
  6. 学校の勉強をする(学生・生徒)
  7. 新聞を読む
  8. 考え事をしえいる
  9. ぼんやりとしている、何もしない

数字的な裏付けはありませんがだいたいこんな感じでしょうか。もし通勤時間中電車やバスの移動時間が片道1時間だとすると1年で累積500時間弱です。相当量の時間です。こちらのページによればDAPF仏検準1級の学習時間は500時間以上、1級で600時間以上と記載されています。ならばゼロからフランス語を学習した人が電車内フランス語学習をしっかり一年間継続すれば、仏検準1級に合格できるレベルに到達する、ということになります。さらにあと100時間の学習を積み上げれば仏検1級レベル到達ということになります。まあ現実問題学習600時間で仏検1級に到達するかといわれれば、それはかなり疑問ではあります。当り前ですが、上のレベルに行けば行くほどさらにレベルを上げるためにはかなりのエネルギーを必要とします。それは余談ですが、500時間学習に充てられてば相当な学習効果が期待できます。

もし通勤・通学で長めの移動を強いられているのであれば、ここは利用しましょう。自分が好きなことをやってかつ進歩を実感できれば、何もしなければ苦痛でしかない電車内でも不思議と楽しい時間に変貌します。座れなくても大丈夫です。いや、むしろ座れない方がいいかもしれません。座ってしまえば眠くなってしまうかもしれません。立っていれば寝ることはありません。もし不幸にも電車での通勤時間が長いのならここは発想の転換。思いっきり利用すべきです。

筆者がおススメする通勤時間の学習方法は、

  1. 暗記
  2. 聞き流し系の学習

です。

往復電車内での単語暗記は効果大

自主的にフランス語を学習しようと思う人はみなフランス語が好きで学習しているのでしょうから、往路・帰路の時間帯を上手に有効活用することが望まれます。学校の試験シーズンになるとよく見かける光景ですが、学生・生徒諸君が電車内でテキストを開いて試験勉強しているのを見かけます。彼らはこの時間をうまく利用しています。こちらの記事で効果的でおススメなフランス語の学習方法について書きました。これはかなり往路・帰路の電車内に向いた学習方法です。自分で作った単語帳を暗記する時間にしてもよし、または1000のフレーズを暗記する時間にするのもよいでしょう。車内は暗記に集中するには実はかなり有効な場所です。上手に利用すればフランス語の学習効果も上がること間違いなしです。

結局語学は覚えなければ何も始まりません。言語を駆使するためにはその言語の知識を相当量頭に叩き込んでおく必要があります。何も見ずに言葉を引き出しから引き出して、瞬間的に応用する必要があります。これは相当量の言語情報を記憶していなければできるはずがありません。つまり、言語は90%以上暗記の世界なのです。何事も暗記無くして応用はあり得ません。

朝の往路で単語、文章などを一通りなぞって頭に入れます。職場に着いて仕事を開始すればそのことは一切忘れてしまいます。仕事が終わって換える段になったときに、もう一度朝記憶しようとしたことを反芻します。すると、不思議なことにかなり記憶に残ります。これをしつこいほど繰り返すことで記憶が形成されます。社会人が語学学習に使える時間は限られています。根気と工夫で乗り切りましょう。


音声を利用した学習が電車内では有効

もう一つの効果的な学習方法は音声だけでやることです。文字や文章は一切見ません。いわゆる聞き流し系です。これはそれなりの効果を期待できます。人間が言葉を覚える時に音をないがしろにして学習するのは不可能です。音こそが語学学習で最も重要なものです。

行き帰りの電車の中で書籍を使って学習するのももちろん有効です。しかし都会の電車の混雑は相当なものなので、本を広げて読むのはかなり難しい状況であることが多いです。ならば音声のみを利用した学習に特化するのは上手な車内時間の利用方法です。車内の時間は音声利用の学習に適しています。1000のフレーズのCDをスマートフォンなどに入れてひたすら聞くのに使ってもいいです。CDを往路と帰路で一回ずつ聞けば2度聞くことができます。文章の暗記もどんどん進むこと間違いなしです。ボワっと過ごしてしまえば何も得るものもなく過ぎていく時間になってしまう通勤時間ですが、発想を変えるだけでとんでもなく有効な時間に変わります。この積み上げにより何かを得られれば、もしかするとこれで人生すら変わっても不思議はないと思います。通勤時間を利用する癖を付けましょう。材料は何でもいいのです。自作のものでもよし、市販の書籍でもよし、ゴルフの石川遼君で有名なスピードラーニングでもよし、です。スピードラーニングのフランス語版(下のバナーをクリック)もあります。

市販の書籍で車内学習に適したものをいくつか挙げてみます。

 

教材は自前であってもありものであってもどちらでもよいですが、何を使うにせよ大事なのはしっかり集中することです。片道一時間なら往復二時間、一日二時間ならば忙しい社会人には十分すぎるくらいの学習時間です。これを一年間続けてみてください。どのくらい差が出るか、簡単に想像できますよね。500時間LINEして過ごした人、フランス語学習に費やした人、差が出て当然です。これだけで仏検5級だった人が3級くらい行けそうです。通勤時間をうまく利用すればそのくらい有意義な時間になります。

さあ、通勤時間を使ってフランス語検定のレベルを一つ二つ上げましょう。本当にそれは十分に可能なのです。嘘だと思う前にやってみてください。

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランス語中級編

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.