フランスのメディアから フランス語応用編

スポーツ好きなら、L'Équipe でフランス語、フェデラーのバックハンド進化について解説

更新日:

Sponsored




ご覧いただきありがとうございます。このブログ全体の構成やこのブログが何をテーマとしているかについてはこちらをご覧ください。

テニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラーが35歳になってさらにバックハンドを進化させてきた、という記事がフランスのスポーツ紙L'Équipeに掲載されています。テニス好きでかつフランス語好きならば読み応え十分の記事ですね。BNPパリバ・オープン(アメリカ、インディアンウェルズ)でのフェデラーvsナダル戦に関する記事です。

Roger Federer a enfin le revers de ses rêves

冒頭だけ訳すとこんな内容です。

水曜日の試合のマッチポイントほど象徴的なものはないだろう。ラファエル・ナダルはセカンドサーブに最大限のスピンをかけたが、フェデラーは下がらずバックハンドリターンをストレートに放った。ボールはベースラインとサイドラインの交差点に着地した。完璧、かつあり得ないショットだった。膝の故障の治癒のための5か月間の休養ののち、一月にツアーに復帰してからのバックハンドそのものである。

テニス好きならご存じかもしれませんが、フェデラーはバックハンドが相対的に弱点と言われていました。ライバルのナダルらからはバックを狙われることが多かったのです。そして35歳となった昨年は膝の故障のために休養を余儀なくされました。いくらレジェンドであっても35歳で膝の故障となれば復帰後であってもなかなか本来のいいプレーはできないだろう、と誰もが思ったのですが、実際はそうではなかったのです。故障明けの2017年全豪オープンで、衰えるどころかさらに進化したプレーを見せ、そして優勝してしまいました。この記事はこういった背景で書かれています。

自分の趣味に合うフランス語を見つけて理解しようとする、という行為が自身のフランス語レベルを上げることに繋がります。言葉の本来の意味に準ずることが語学上達の近道です。スポーツが好きならL'Équipeを見てみるのも悪くないですね。

Bon courage!

 

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランスのメディアから, フランス語応用編

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.