フランス雑学

ミッテラン大統領の愛人、アンヌ・パンジョ(Anne Pingeot)

更新日:

Sponsored




フランス人というのは恋愛体質という事を聞きます。ただし、日本語で言う恋愛体質という言葉がそのまま当てはまるとも思えません。日本語で恋愛体質というと、

  • 常に異性の相手を求める。相手がいないという事がほぼ無い。
  • いなくなるとすぐ次を探す。
  • 周囲の人から見てその相手がいい相手だとも思えない。
  • 好きになると周りが見えなくなる。
  • 話すことも異性の事であることが多い。

といったイメージで、女子に多いと言われています。日本語での恋愛体質は恋愛依存症に近いものです。フランス人は恋愛好きであるのは十中八九正しいのですが、日本語で言う恋愛体質というのとはちょっと違うのだと思います。まあ、勿論フランス人だからこうだという乱暴なまとめ方そのものが間違いというのもあります。筆者も多くのフランス人を知っているわけではありませんし、仮に一例を知っていたとしてもみなそれに当てはまるわけではなく、人それぞれなのは間違いないでしょう。

筆者はフランス語圏を何度か旅しています。その過程でフランス人と会話する機会も多くありました。フランス領の某南の島で出会った初老のフランス人男性はまさに恋愛好きのフランス人だったのだと思っています。年齢は推定で70手前くらいです。彼は本国フランスよりその島に派遣された学校の先生(校長)でした。暫く教員として働いて、引退後もその島に残ることになりました。余程居心地がよかったのでしょう。彼が既婚か未婚か、家族子供がるのか、といったことは聞いていないので知りません。筆者はその後何度かその島を訪れることになり、その度にその男性と出会って会話しているので、友達とまでは言いませんがそこそこの知り合いです。まあ、何という事はない感じのいい老人男性といった雰囲気で、イヤミなところもなく適度にユーモアもあり、とてもおもしろい人物です。その男性が女性を連れて散歩しているのを見かけたことがありました。あとで別の知り合いに聞いたところによれば、愛人(Maîtresse)なんだそうです。70歳前後の普通の男性が愛人というのがまあ何ともフランス人らしいと感じました。日本でも芸能系の業界ではそのような体質の人が多いらしいですが、まさにそういう状態が特殊業界だけでなく一般的である、というのがフランスの恋愛事情なのだろうと思っています。

フランス大統領ですら愛人を普通に持っている国ですから、国家元首がそれなら一般国民もそうならざるを得ない、ということなのでしょう。現職のオランド大統領にも愛人がいることが報道されて話題になりました。オランド氏は、セゴレンヌ女史(元パートナー)との関係を暴露する本を出版されたり、元愛人のヴァレリー・トリールヴァイレールからも暴露本を出版されたりと、散々な目に合っています。サルコジ前大統領に至っては3度結婚しています。ミッテラン氏も1962年46歳の時に出会った19歳の女性(アンヌ・パンジョ)と愛人関係になり、子供までつくり、その後死ぬまで愛人関係が継続した、と言われています。

元々フランスでは恋愛などは個人の問題であり、たとえ大統領に愛人がいたとしてもそれを他人が詮索したりしない、というお国柄であったはずですが、オランドの一件を見るとそういう体質も変わってきたのかもしれません。お隣英国のようなゴシップ好きに変貌しているようにも感じます。筆者としてはぜひ個人の問題には立ち入らないフランスであってほしいと思っていますが、さてどうなるやら。

昨年10月、ミッテラン氏が愛人のアンヌ・パンジョ(Anne Pingeot)に送った1200通以上の手紙が出版されました。日本ではAmazonで入手可能(こちらから)です。こちらは本国フランスの出版元へのリンク「Lettres à Anne (Gallimard)」となります。

≪君の表情にぼくの人生が見られることに感謝する。君に出会ってすぐに長い旅になると感じた。ぼくが行く先にはいつも君がいるに違いない。わかっているよ。≫(上記リンク先から翻訳)

46歳の男性が19歳の女性に当てた手紙です。なかなか書けない文章ですよね。手紙で気持ちを伝える、というのはすばらしいことだったんだな、と改めて思いました。今ならどうするのでしょう。SNSがコミュニケーションの主要ツールである現代ですからやっぱりLINEでメッセ、ってことになるんでしょうか。それにミッテランの手紙のような美しくて、今書けば気取った風になってしまいそうな文章は書けないでしょう。当時SNSなんでない時代ですから当然といえば当然ですが、手書きで手紙を出すのはかなり手間な作業です。なのでなおさら心がこもったのでしょう。この本はぜひフランス語で読んでみたいものです。

下のリンクはAmazon.frのリンクとなります。日本にも送ってくれるので利用してみてはいかがでしょうか?なお、日本のAmazonとはアカウントが異なりますので別途登録が必要です。日本のAmazonとはアカウントは共通ではないのですが、米のAmazonとは共通ですので米Amazonのアカウントがあればそのまま使えます。アカウントをお持ちでなければ、アメリカのAmazonフランスのAmazonで登録してご利用ください。

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランス雑学

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.