フランス語実践編 フランス語応用編

パソコンやスマートフォンでフランス語を入力する方法

更新日:

Sponsored




フランス語の勉強を始めれば、仏作文やフランス語でのメールなど、どうしてもフランス語をパソコンやスマホで入力しなければならない状況に遭遇します。フランス語の文字には英語のアルファベットであるabcd...に加えてフランス語独特のものがあります。

é É accent aigu(アクサン・テギュ)
à è ù accent grave(アクサン・グラーヴ)
â î û ê ô Â Î Û Ê Ô accent circonflexe(アクサン・スィルコンフレックス)
ï ü ë ÿ Ï Ü Ë Ÿ tréma(トレマ)
ç Ç cédille(セディーユ)
æ œ Æ Œ 合字

これらは全て日本語環境のWindowsやiPhone/Androidから入力可能です。

Windows 10でのフランス語入力

Windows 10以外のWindowsでも基本的に同じ方法でフランス語を入力可能です。フランス語配列のキーボードを用意する必要もなく、日本語キーボードで十分です。以下の順に設定してください。

コントロールパネルから言語を追加
  1. 「コントロールパネル」を開く
  2. 「時計、言語、および地域」の「言語の追加」を開く
  3. 「日本語」が表示されているリストの上部の「言語の追加」をクリック
  4. 「フランス語」をダブルクリック
  5. 「フランス語(カナダ)」「フランス語(フランス)」など、何か国かのフランス語が出てくるので「フランス語(カナダ)」を選択し、「追加」をクリックして戻る

これでWindows 10にフランス語入力環境が設定されました。何か国かあるフランス語設定のなかでカナダを選ぶのには理由があります。実は同じフランス語でも国によってキーボード配列が違っており、フランス語固有の文字を一番入力しやすいのが「フランス語(カナダ)」を選択したときの「カナダマルチリンガル標準キーボード」だと言われています。試しに「フランス語(フランス)」を選択すると、後で説明するフランス語キーボードで、フランス語固有文字の入力方法がわからないものがありました。

入力モードをフランス語に切り替える

先に説明したように、Windows 10の言語にフランス語が追加されていることが前提となります。言語を追加しただけではまだフランス語の入力はできません。日本でパソコンを使っているのならば通常は日本語入力モードになっているはずですので、入力モードをフランス語に切り替える必要があります。その方法は2パターンあります。

  • 画面右下(カスタマイズしていなければ)のツールバーから入力方式を切り替えます。切り替えるためのボタンが配置されていますので、そこからフランス語(カナダ)を選択してください。ツールバーのアイコンがFRAに変わります。
  • または、Windowsキー + スペースキーで簡単に切り替えることもできます。

これでキーボードからフランス語入力可能となりました。次に実際にフランス語の文字を入力する方法を説明します。

Windows 10でフランス語の文字を入力する

日本語キーボードを使っているとどこにフランス語の文字が配置されているのかわかりません。フランス語配列を知る一番簡単な方法はスクリーンキーボードを使うことです。Windows 10のスタートメニューにWindows簡単操作という項目があります。その中にスクリーンキーボードがありますので、それを起動してください。するとこのような画面が表示されます。

これでフランス語配列のキーボードを見ることができます。これを見ながらキーボード操作すれば文字の位置を知ることができます。あるいは、スクリーンキーボードをクリックすることでも入力可能です。やりやすい方で入力してください。

é à è ù accent aigu / accent grave(小文字) キーとして存在していますので、それを押すことで入力します。
É À È Ù accent aigu / accent grave(大文字) シフトキーを押しながら該当のキーを押します。
â î û ê ô accent circonflexe(小文字) accent circonflexeキー(日本語キーボードの@の位置)を押してから a i u e o を押します。
Â Î Û Ê Ô accent circonflexe(大文字) これがちょっと面倒です。右の方にあるVerr.majというキー(日本語キーボードのCapsの位置)を押してから、accent circonflexeキー(日本語キーボードの@の位置)を押して A I U E O を押します。
ï ü ë ÿ tréma(小文字) シフトキー + accent circonflexeキーを押してから、i u e y を押します。
Ï Ü Ë Ÿ tréma(大文字) シフトキー + accent circonflexeキーを押してから、シフトキーを押したままで i u e y を押します。
ç Ç cédille(セディーユ) キーとして存在していますので、それを押すことで入力します。大文字はシフトキーを押しながら該当のキーを押します。
æ œ Æ Œ 合字
  • æ 右ctrlキー + a
  • œ 右ctrlキー + e
  • Æ シフトキー + 右ctrlキー + a
  • Œ シフトキー + 右ctrlキー + e

慣れるまではちょっと面倒ですが、やっているうちに覚えますので根気強く練習しましょう。

Android, iOS(iPhone, iPad)でフランス語を入力する

Android, iOSともにフランス語の文字入力は難しくありません。英語キーボートを表示している状況でそれぞれのキーを長押しすればフランス語の文字の候補がでてきますので、該当のものを選んでください。例えば、éの場合にはeのキーを長押しします。ATOKなど日本語入力モードだとフランス語文字の候補は出てきません。必ず英語入力モードにしてください。

 

 

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

フランス語字幕付きの映画のDVD・Blu-rayを入手する方法をご紹介します。フランス語のセリフを理解するために、フランス語の字幕がとても役に立ちます。日本国内で売られているものや、海外から簡単にネッ ...

2

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

3

家でのんびりしながらフランス語の旅行気分を味わいましょう。海外に出かけたくてもそう気軽に行けるものではありません。旅行はそれなりに費用が掛かります。ならば自宅や国内でその気分を味わえないものか、世界中 ...

4

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

5

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランス語実践編, フランス語応用編

Copyright© 日本を出ずにフランス語を独学で学ぼう! - Apprenons le français au Japon! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.