フランス雑学

フランス人は服を10着しか持たない、ささやかな喜びを日常からを徹底する生き方

更新日:

Sponsored




フランス人は服を10着しか持たない」という本が出版されていて結構売れているそうです。10着しか持たないのが嘘か本当かは知る由もありません。それは人によるんじゃない?というもっともなツッコミはさて置き、この本はどういう背景で書かれたのか少し考えてみます。

 

この本はフランス人によるものではなく、フランスに留学したアメリカ人によって書かれています。著者は貴族の家にホームステイし、その家で見て感じたことを書き記しています。ホストとなったフランス貴族の一家の暮らしぶりから著者が感銘を受けたことが執筆の動機となっています。その家の人は服を10着しか持っていないかどうかはさて置き、高級品をどんどん買い足してたくさんコレクションして大事にしまっておくようなタイプではなかったようです。いいものを選びそれを大事に使う、そういう思想の人が留学生のホストだったのです。生涯使えるくらい気に入ったものを選んで持つ、それは高級品かもしれない、そしてそれを大事に使う。質素+整理整頓+情熱、を重視するフランス人ホストの生活ぶりが見て取れます。

フランス人全部がこうなのかどうかはわかりません。たまたまなのかもしれません。でもそれはここでは重要ではありません。このホームステイ先のフランス貴族は、いいものを少数持ち大切に使う、「物」に踊らされない、日常から喜びを見出す、整理整頓する(空間も頭の中も)、きちんと装う、を徹底的に貫く姿勢で生きていることになります。

ここでふと感じたことがあります。当ブログの記事「フランス大統領、年の差カップル」で元フランス大統領のミッテラン氏が愛人として生涯を共にすることになったアンヌ・パンジョという女性について書きました。この話と共通点がありそうです。愛人を持つことの良し悪しについての議論は野暮なので置いておくとして、ミッテラン氏は46歳の時に19歳の女性と出会い、その後生涯愛人としての関係を続けることとなりました。奥さんがありながら別に愛人を作ったという事だけ取り上げると、日本では徹底的に非難の的となりそうですが、そこは恋愛大国のフランスです。大統領でありながらそんな関係を維持しつつ職務を全うしました。そしてミッテラン氏とアンヌ・パンジョの間には真の愛情が存在したはずです。でなければ死ぬまで愛人関係を継続できるはずがありません。

先のフランス人ホストとミッテラン氏、心底大事にできるものを見つけたらそれをずうっと大事にする、なんとなく日本のメディアたちが取り上げたがるセレブ文化と違います。何が違うのかというとやっぱり成熟度なのでしょうか。いいものを少数大事に持ち、日常からささやかな喜びを見つける、という考え方は頭の中がとてもすっきりと整理整頓されていないとできないこと。そういう感覚を得るためにはそうとう頭の中が成熟していないとできそうにありません。まあ筆者自身の服の数は、フランス貴族の発想とは違う理由で10着程度なのですが、それはさておき、服なんてその程度あれば十分な気がします。それで何も困ることはありません。それがお気にいりのものであればなおさらそれ以上買い足す理由を見出せません。

参考サイト:Instagram coco_airi

これは先日某テレビ番組で登場した謎のセレブ女性のInstagramです。この参考サイトの人の生き方はそれはそれですばらしいです。否定する気はまったくありません。けっこう対極的な位置にいる人に見えましたので参考サイトとして掲載します。考え方は人それぞれです。前述のアメリカ人留学生のホストとなったフランス貴族の成熟度というのはひしひしと感じます。筆者はフランス文化に興味を持ってフランス語を学んでいる人ですので、やっぱりどうしても「フランス人は10着しか服を持たない」の世界に共感を覚えてしまいます。要は人生をどれだけコンパクトにすることで喜びを得られるか、そういうことについてどれだけ主体的に認識しているか、そういう話なのです。

ad1

ad1

おすすめ記事一覧

1

Les rāmens (ラーメン, prononcé /ɾaːmeɴ/) sont des cuisines japonaises, originaux, nationaux et prestigie ...

2

Voici la série de guides en français de Kyoto qui regorge d'informations sur les cachettes et les li ...

3

ファカラバ! フランス領ポリネシア、タヒチでファカラバを超えるダイビング・スポットを見たことがありません。 ファカラバは間違いなくフランス領ポリネシアの中で最高のダイビング・パラダイスです。(あくまで ...

4

仏領ポリネシア(タヒチ)のランギロア島はダイビング・パラダイスです。 ランギロアはダイバーなら一度は行ってみたいダイビングの聖地です。 ティプタパスという環礁の切れ目(パスといいます)を高速でドリフト ...

5

マルケサス諸島(マルキーズ諸島)にある、ヌクヒバ島。フランス領ポリネシアの島です。 タヒチ本島から北東に約1500kmも離れています。 タヒチらしくないタヒチです。 ランギロアやファカラバなどの環状の ...

6

タヒチの島々を、その訪問目的別にランキング形式で紹介します。 なんといってもダイビング!ドリフトダイビングを楽しみたい! カップル、新婚旅行、家族旅行におすすめ、豪華リゾートで水上コテージに泊まりたい ...

7

北米大陸に、フランスとは違うもう一つのフランス語圏があります。カナダのケベック州です。私サイト管理人は、ケベックにはよいイメージしかありません。フランス語圏の本家フランスとパリにはよいイメージと悪いイ ...

8

フランス語のレベルが中級以上、仏検では2級、準1級、1級を目指すくらいの方々ににおすすめしたい学習方法は、映画をフランス語の音声セリフとフランス語の字幕で見ることです。字幕があるとかなり理解の手助けに ...

9

Amazon.frを活用してフランスで売られているものを個人輸入する方法をご紹介します。ネットが発達した現代においては、もはや海外からの個人輸入は難しいものではなりました。わずか数クリックで海外製品の ...

10

世界のフランス語ラジオ放送を集めました。14ヵ国のうちには3つのフランス海外共同体・海外県を含みます。 放送局固有のアプリをインストールする必要はありません。このページを覚えておけば、ご自宅や出先から ...

11

こちらの記事「ゼロから始めるフランス語 - スタートダッシュ最短3週間で基礎作り!」で取り上げたスタートダッシュに成功した人、それだけですでに5級合格にかなり近づいています。仏検5級合格5合目まで到達 ...

12

仏検5級合格者が仏検4級合格のためにステップアップすべき点についてまとめています。仏検5級との差分は何なのかという観点でコンパクトにまとめています。仏検4級では何が要求されるのかざっくりと理解するため ...

-フランス雑学

Copyright© 独学でフランス語を学んでフランス語圏に行く! - Voyage dans les pays francophones , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.